伝統と工夫で素材を生かした食品を


マルヤマは宮城県と岩手県の県境、気仙沼市唐桑町に位置します。
太平洋に突き出した複雑な海岸線(リアス式海岸)の唐桑半島は、漁業が主な産業です。
広田湾に面した漁場には自社のわかめ養殖イカダがあり、採れたての新鮮なわかめが確かな経験で製造・加工をされ商品となります。
また、日本屈指の鰹水揚げ量である気仙沼魚市場より、新鮮な鰹(かつお)をさらに厳選し、伝統の技と製法で鰹節を製造しております。

2019年02月03日
文中の写真はクリックで拡大表示します。
若布・昆布成育状況!!
正月明けから連日強風が続く中での合間の2月3日、漁場の点検と育成視察…
まず2月中旬に刈り採る早採りわかめの状況は、大きい物で2m以上に成長し茎幅も3cm、メカブも握りこぶしより大きく、根付きもしっかりと…
この後低気圧等の被害も無く葉の厚みが増す2月18日収穫予定!
メカブは、わかめ収穫後…
厚みと甘味の増す2月25日以降に春告げめかぶとしてボイル加工予定!!
【全文を読む】
2018年11月22日
2018年9月1日


画面クリックで閉じる