伝統と工夫で素材を生かした食品を


マルヤマは宮城県と岩手県の県境、気仙沼市唐桑町に位置します。
太平洋に突き出した複雑な海岸線(リアス式海岸)の唐桑半島は、漁業が主な産業です。
広田湾に面した漁場には自社のわかめ養殖イカダがあり、採れたての新鮮なわかめが確かな経験で製造・加工をされ商品となります。
また、日本屈指の鰹水揚げ量である気仙沼魚市場より、新鮮な鰹(かつお)をさらに厳選し、伝統の技と製法で鰹節を製造しております。

2020年11月07日
文中の写真はクリックで拡大表示します。
2020 マルヤマ 鰹加工
8月31日、今年のカツオ加工を明日に控え、今日は最終準備と試運転を兼ね”マルヤマに昼が来た!”でみんなでランチ。
メニューは、市内のお米屋さんのおこわ弁当と、そうめんのセット!!
又、9月7日に宮城テレビ”宗さんのOH!バンデス”の取材があり、パネルと商品でカツオ加工を紹介し、マルヤマ特製カツオまかないランチを紹介して頂きました。
カツオの刺身はもちろん、生利の炊き込み御飯とすいとんの定食です。
【全文を読む】
2020年1月7日
2019年9月26日


画面クリックで閉じる